EDについて奮闘した日々を記録している男性

ある日突然、相手との性行為中に自分がEDということに気づいてしまった。そんな私がEDを克服するまでの記録を残しておこうと思います。他にもEDに関係する記事をアップしていきたいと思います。

EDに健康保険が適用されない意味を知っておこう

一般的に、海外のジェネリック医薬品は日本国内のED治療薬を含めた薬よりもはるかに安価で購入することができます。これは、日本国内のED治療薬に対して健康保険が適用されないことと無関係ではありません。健康保険が適用されない薬はいくつか存在しますが、ED治療薬は特殊な不妊治療以外に関しては保険が適用されないので自己負担で費用を支出し続けなくてはならないでメリットがあるのです。
では、なぜ海外の薬は安く購入することが出来るのでしょうか。海外の薬を安く購入することが出来るのは、海外の薬が日本で手に入れることができる薬とは根本的に異なっているからにほかなりません。海外を利用して手に入れることが可能な薬はジェネリック医薬品と呼ばれる薬で安価な費用で大量生産が出来る薬であるため日本で入手することが可能な薬と比較してもものすごく割安な価格で入手して服用することが可能なのです。実際に服用する時には、日本国内の薬と同じような効果を期待することが出来ますのでこの薬を服用することで費用を節約しながら良い効果を発揮することが出来るでしょう。では、そもそもなぜ日本ではこうしたジェネリック医薬品を入手することが出来ない状況になっているのでしょうか。日本国内でジェネリック医薬品を入手することが出来ないのは、ジェネリック医薬品そのものを作成することが出来る権利が存在しないからです。この権利関係の問題が、そのまま健康保険などと絡んできます。先進的な技術を誇っている機器やそれに準ずる薬には、日本の健康保険は適用されない仕組みになっているので、どうやっても国内の薬の価格は海外と比べると割高になるのです。
このように、日本と海外では薬の価格の違いにきちんとした意味が存在します。